鉄板焼紫野について

店主経歴

岩﨑 吉宏(いわさき よしひろ)

東京都出身。祖父は洋食、父が中華の料理人一家に生まれる。

高校卒業後和食調理人としてのキャリアをスタート、以後一貫して懐石・割烹料理を学ぶ。

30代に入ってからは料理の専門性をさらに極めるために

ふぐ、すっぽん、天ぷらや鳥料理の専門店で腕を磨く。

そのなかで「鉄板焼」料理に新しい和食の可能性を強く感じ、

2017年7月、「鉄板焼紫野」3代目オーナーとして引き継ぐ。

・・・お客様とのご縁を大切に、自身の経験と技術を活かした鉄板焼を心がけてまいります

 

紫野の料理について

和牛ステーキがメインの「鉄板焼紫野」ですが、前菜・野菜や鮮魚の鉄板焼では

季節の食材をふんだんにご用意しております。

また、ふぐ・すっぽん料理等ご要望に合わせてご用意いたしますので

お気軽にお申しつけくださいませ。

 

「紫野(しの)」の由来について

お客様から「なぜ“紫野”という名前なの?」というご質問を頂戴いたしますが・・・

先々代のオーナーの奥様が「万葉集」がお好き、

なかでもお気に入りが額田王(ぬかだのおおきみ)の

「茜さす 紫野(むらさきの)行き標野行き 野守は見ずや 君が袖降る」だったそう。

店の名前を決めるにあたり、その和歌から「鉄板焼 紫野」と名付けたそうです。

本当は和歌の通りに「むらさきの」と読ませたかったところ、既に日本料理店で

「むらさきの」という店があったため、読みは「しの」となったそうです。

(ちなみに「紫野」は”紫草の生えた野”という意味です)

 

店内について

店内には、鉄板付個室「ちとせ」と全7席のカウンター「なごみ」がございます。

お食事のシーンにあわせてお席をお選びくださいませ。

4-5名様でご利用いただける 鉄板付個室「ちとせ」

全7席のカウンター「なごみ」 5-7名様で個室としてもご利用いただけます

 

 

 

 

 

 

©  鉄板焼 紫野 All Rights Reserved.
PAGE TOP